メスを使うか使わないか|気になる二重整形にかかる費用【最新の情報をホームページで確認】

気になる二重整形にかかる費用【最新の情報をホームページで確認】

メスを使うか使わないか

目元

施術後の注意

二重整形は行う人の数が増えており、目元の印象を変えることで顔の表情を明るく見せることができるため人気が高い施術です。施術法には大きく分けて埋没法と切開法という2種類があり、特徴的な違いはメスを使うか使わないかと費用の違いです。切開法はその名前の通り、メスを使用してまぶたを切開して二重を形成します。切り目を入れる方法なので、多少の傷ができますが、瞼のシワになっている部分にできるので、目を閉じてもそこまで目立ちません。切開法の良いところはメスを入れた場所にまぶたのくぼみができるので、幅の広い二重も形成することができることです。そして一度作った部位は永久的に残るので、時間が経っても最初の状態のままぱっちりとしたまぶたが持続します。埋没法は切開法と違い費用が安く、メスを使いません。切れ目を入れる代わりに糸でとめて形成します。糸を通す穴の傷しかできず、使用する医療用の糸は髪の毛よりも細いものです。そのため、傷跡はしっかりと見てもわからないほどわずかです。そして切れ目を入れないので、はっきりした感じは切開法にかないませんが、自然な感じに仕上がります。急に顔が変わっていると、他の人に整形が知られてしまうという悩みがある人に向いています。埋没法であれば、いつもメイクで二重に見せていた人は変わりなく見えるので、他の人に知られる心配がありません。普段メイクをしていなかった場合は、二重になったことで印象が変わり少しばれてしまうかもしれません。その時にメイク法を変えたなどの言い訳をあらかじめ考えておけば大丈夫でしょう。二重整形は簡単で費用がかからない施術とはいえ、術後に赤みと腫れが出ます。それを抑えるために施術後しばらくの間アイシングを行います。アイスノンなどをタオルにくるんで患部を冷やし、炎症を緩和します。クリニックで施術後に冷やしながら様子を見て、問題がなければ帰宅します。帰宅後はまだ目が腫れている状態なので、必要がなければ触わらないようにします。そしてできる限りアイシングを続けると、翌朝には腫れが多少引いているでしょう。アイシングをする時には直接アイスノンを皮膚に当てると、皮膚が凍傷になってしまうことがあります。目元の麻酔は帰宅する頃には効き目が切れていますが、感覚が鈍くなっていることもあるので、気付かずに長時間冷やし続けると皮膚へのダメージが大きくなってしまいます。皮膚の症状が出ると、再度診察を受ける必要が出て余分に費用がかかってしまいます。施術後は疲れもあるでしょうし、なかなか余裕がないと状態ですが、できるだけ気をつけるようにしましょう。長時間当てたままにするのではなく、タイマーなどをかけて一定時間経ったらアイシングを外すようにすると凍傷の危険を減らせます。またアルコールをとると血流が盛んになり翌朝の腫れが酷くなってしまうので、アルコールの摂取はしないようにします。お風呂も温まり過ぎると腫れが酷くなるので、簡単にシャワーで済ませましょう。そして布団に入ってからは頭を高めにすると目の腫れが引きやすくなります。血液が頭にたくさん流れ込むと、どうしても目が腫れやすくなります。二重整形後しばらくは高めの枕を使うという方法もおすすめです。

Copyright© 2018 気になる二重整形にかかる費用【最新の情報をホームページで確認】 All Rights Reserved.